Top > 試験 > 電験3種合格への道のり

電験3種合格への道のり

電験3種と聞いてまず頭に思い浮かぶ事と言えばとにかく難しいと言うイメージです。

 

毎年9月に試験がありますが、合格率は毎年10%に満たないのです。しかしここで
諦めるのは早いです。電験の試験にはまず理論、電力、機械、法規とありますが、
すべての科目において一発合格する必要はありません。

 

科目合格という制度があり、3年間持ち越すことが出来るのです。そして合格には勉強時間を確保しなければいけないのです。

 

最低1000時間の勉強で手が届くと言われていますが人それぞれ個人差があるので一概にはいえませんが目安になります。何から手をつければ良いかとわからない方は最初に理論を勉強するのが近道です。

 

理論がわからないと他の科目が頭には入りにくくなるのでこちらから勉強しましょう。

 

次は四則計算をとにかくやる事です。これがスラスラできないようでは、まず合格は不可能になります。

 

四則計算がスラスラできるようになったら、機械、電力どちらでも構わないので勉強を始めましょう。

 

それで最後に法規に取りかかりましょう。これはとにかく法令などの暗記になりますので、とにかく頭に叩き込めば良いです。

 

最後に電験3種合格にむけて時間を確保してしっかり取り組めば必ず合格できます。

試験

関連エントリー
電験3種合格への道のり